ローグケーブルチェッカー「LC-100」

「信頼性」「即効性」をテーマにした多機能コンパクト設計

あらゆるケーブル加工配線のショート・オープン・誤配線の検査を短時間で行います。

ローグケーブルチェッカー「LC-100」

特徴

  • 最大100ポイント検査測定
  • キー入力によりデータ書込み及び変更が可能
  • 良品サンプルよりデータ吸込み可能
  • トレースピンにより、治具等の配線検査が可能
  • プリンター(オプション)の接続で配線データのプリントアウトが可能
  • 合格、不合格時の音量、音質、音色をキーボードより設定可能
  • 合格出力として有接点リレーを使用
  • チップ部品の採用により、小型、軽量、低価格
  • 増設ユニット(オプション)の接続で最大900ポイントまで検査測定が可能

機能

  • 自己診断

    電源投入時、自己診断テストを行い、本体内部の異常を検査します。また、自己診断モードにて 接続されている治具の短絡テストを行います。

  • 配線データの入力
    1. 接続してある良品サンプルから配線を読み取り、データとします。
    2. キーボードから配線データを打ち込む事ができます。
      また、データの部分的変更ができます。
  • 検査データの出力

    プリンター(オプション)の接続で配線データのプリントアウトができます。

  • 検査モード

    連続検査においては、検査ケーブルをセットするだけで自動的にテストを開始し、エラー個所で止まります。単独検査においては、スタートスイッチを押すと検査を行い、エラーがあればすべてのエラーを知ることができます。

仕様

テスト項目 オープン、ショート
テスト基準 ショート500Ω以下オープン2kΩ以上
テスト電圧 DC5V
テストポイント 100ポイント
テスト時間 自己診断:約0.5秒(1回導通)
ハーネス検査:約1秒(2回導通)
プログラム方式 1.良品からのデータ取り込み
2.キーからのデータ入力
データ記録方式 内臓RAM(バックアップ機能)
電源 AC100V 50/60HZ
消費電力 5W以下
周囲温度 0℃~40℃
外形寸法 W190×D190×H90
本体重量 1.8Kg
付属 キーボード1個、電源コード1本、合格出力ピン1個、トレースピン1本、ヒューズ1個、スタート入力ピン1個、検査ケーブル接続コネクタ2個、取扱説明書1部

オプション

  • LC-EX5
    • 電源:LC-100より供給(DC5V) 消費電力:0.05W
    • 外形寸法:W115×D180×H40 重量:0.6Kg
    • 50ポイント拡張ユニット(最大900ポイントまで拡張可能)
  • プリンター
    • 電源:AC100V 50/60HZ
    • 備考:ケーブルチェッカー接続ケーブル付